警備人材はiwac人材開発に、よろしくお願いします

警備の業務案内

警備の業務案内のイメージ

1号業務(施設警備業務)
事務所、住宅、興行場、商業施設、駐車場、遊園地、空港等(総称して「警備業務対象施設」という)における盗難等の事故の発生を警戒し、防止する業務
警備業務対象施設における盗難、火災、不法侵入等を防止するための監視・巡回業務

2号業務(雑踏警備業務)
人若しくは車両の雑踏する場所又はこれらの通行に危険のある場所における負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務
工事現場、駐車場、イベント会場等における人・車両の誘導や案内、雑踏の整理等。近年、特大貨物輸送車両の前後に縦走する誘導車両の業務もこれに類する

3号業務(運搬警備業務) 運搬中の現金、貴金属、美術品、核燃料等に係る盗難等の事故の発生を警戒し、防止する業務
現金等の輸送を行う際の強盗等に対する警戒

4号業務(身辺警護業務) 人の身体に対する危害の発生を、その身辺において警戒し、防止する業務
いわゆるボディーガード(用心棒)
また、機械装置(警備業務対象施設に設定する機器により感知した盗難などの事故の発生に関する情報を当該警備業務対象施設以外の施設に設置する機器に送信し、及び受信するための装置で内閣府令で定めるもの)を用いて行う警備は機械警備という

警備員の資格

警備員の資格のイメージ

警備員に関する資格には、以下のようなものがあります

・施設警備検定
・空港保安警備検定
・交通誘導警備検定
・雑踏警備検定
・貴重品運搬検定
・核燃料運搬警備検定


貴重品運搬というのは、主に現金輸送車の警備を指しています。テレビ番組で何億円もするような高額品が登場する際、必ずそのそばに警備員が立っている光景を目にしますが、これは貴重品運搬検定の有資格者です。

法律によって有資格者を配置しなければならない基準が決められているため、こうした資格を有している人は警備会社からの需要が高く、就職には非常に有利になります。

指導者の資格で管理職への道も
上記の資格は、スキルを必要とする警備業務の検定資格ですが、その一方で警備員の指導育成業務に必要な資格もあります

それは警備員指導教育責任者という資格で、これを取得していると警備会社の中で教育、指導的なポストに就くことができるようになり、警備業界で指導者を目指す人にとっては必須の資格となっています

ブログ

歯をくいしばって悩みと戦い続ける、これしかない

悩みの連続であっても、どんなに曇天でも いつかは晴れる日がくる 悩みを受け止めながら 歯をくいしばって戦い続け …

警備会社の営業所に備え付けるべき法定書類は八種類ある

警備会社の営業所に備え付けるべき法定書類(8種類) ①警備員名簿(警備業法第45条、同施行規則第66条第1項) …

偏向報道・偏向教育は無茶苦茶あるわけで、そこに戦いを挑む

世の中、正義が守られないことも多い 理不尽なことも多い 当たり前である 不完全な人間がつくっているわけだから …

翻訳

PAGETOP
Copyright © 警備人材のiwac人材開発 All Rights Reserved.